税について相談する

税理士は国家資格であり、資格を有する者は連合会名簿に必要事項の登録を受けることで依頼を受けて専門家として各種の業務を行うことができるとされています。 その業務内容としては、法令に規定されている各種税金の申告や税務書類の作成、税務相談、税に関係する不服審査手続き等を行うことができるとされています。 その他に業務に付随する範囲において社会保険労務士業務の1部を行うことができるとされています。あるいはこの資格を有する者は行政書士登録を受けると行政書士としての業務をなすこともできるとされています。 2001年の税理士法改正によって事務所の法人化が認められるようになり、業態としては開業の場合と社員の場合、あるいは補助の場合の税理士として業務を行えるようになり、会社法施行によって企業の会計参与という形で参加できるようにもなりました。

税理士は行政庁の監督下に置かれる公認会計士や弁理士と同様に財務省や国税庁に監督権があり懲戒権者も財務大臣とされています。 公認会計士もさほど違いはなく、公認会計士の資格があれば税理士の登録も行えるようになっています。 弁護士も弁護士法によって税理士の事務を行うことができるとされ、その資格も認められています。 その為に税理士登録をしている弁護士も少なからず見られます。 但し依頼者の正当な法的利益を最大限に擁護したり追求する立場にある為に納税義務者の法的利益のために働く義務を負います。 税理士法人は大規模事務所として大都市である東京や大阪、名古屋には必ず所在するもので、海外ともネットワークを通じて繋がっています。その他地方においても多く存在しています。


税理士に依頼

税理士は、相続税など税に関する知識に特化した専門家となっています。税理士を企業で雇う場合など信頼性のある人を選択することが重要となってくるでしょう。その場合、インターネットなどを参考にすることが良いと考えられます。

この記事の続きを読む

見極める

税理士を雇う場合、一度しっかりと会って話をする必要があります。税理士を企業で雇うことによって税に関する知識を得ることが出来る他にも相談することで企業拡大化も可能だと考えられるでしょう。そのため税理士選びは重要といえます。

この記事の続きを読む

信頼性のある人

税理士は全国各地に多数存在しますが、その中から信頼性のある税理士を見つけることはなかなか難しいものだといえます。しかし近年はインターネットが活用出来るため企業に合った税理士をすぐに見つけることが出来るといえるでしょう。

この記事の続きを読む

相談する

税理士は、信頼出来る人がいるだけで企業も安心して経営していくことが出来るといえます。また、一般でも利用することができメールで相談することも出来るので気軽に相談利用することが出来るといえるでしょう。

この記事の続きを読む